人気ブログランキング | 話題のタグを見る

C-log:rock,comic,etc...



My Original Sound Track For Comics vol.1

 ちびちびと稼いでいた訪問者数が1000突破しました。有名ブログなんかと比べたら、圧倒的にしょぼい数ですが、ちょっと嬉しかったりします。ありがとうございます。これからもがんばって更新増やしますので・・・。

 というわけで、新企画です。タイトルどおり、マンガのサントラを勝手に作ってしまおうということです。

 最近アニメ化された『蟲師』の主題化がグラスゴーのAlly Kerrだったり、それが意外にはまってたりするんで、「マンガ・アニメと洋楽って意外と相性いいんじゃね?」というわけで・・・(どういうわけだ)。まぁ異世界のお話は異国の音楽のほうが合うというのは一理あると思いません?(誰に言ってるのか)

 そんな記念すべき(?)第1回は『School Rumble』!マガジンで唯一読んでる作品にして、私のマンガ熱に再び火を点けた張本人(張本作?)です。
 
 王道の萌えラブコメと思わせつつ、やけに漢臭かったり、色気がなかったり、度々斜め上の方向に脱線したりする、学園ショートコメディーの本作ですが、そこが好きです。自分は高校は男子校だったので、男女共学のハイスクールライフに対する憧れもあるのかもしれませんが(苦笑)。

『My OST For School Rumble

①Lukewarm/New End Original(『Thriller』収録)
 「1,2,3,Lets Go!」と元気よく始まります。個人的にメインテーマはこれ。Lukewarmっていうのは「煮え切らない奴」みたいな意味があるらしいですが、要は「ヘタレ」ですw
 何かに対して一歩踏み出そうと思っても、やっぱり躊躇って、明日こそは!のループがこのマンガの根幹の一つだと思うのですが、誰でもあるであろうそういう経験についての歌です。Jonah Matranga(12月にAttentionともに来日!)の声は切なくてもう大好きなんですよ。

②No One Else/Weezer(『Weezer』収録)

 またヘタレた歌ですw「俺以外には笑いかけない女の子が欲しいんだ」っていうのは播磨の心情と重なるかな、と。青春マンガってWeezerの曲が似合う。

③First Date/Blink 182(『Take Off Your Pants And Jacket 』収録)

 あいかわらず疾走感のあるナンバーが続きます。これはタイトルそのまんまですな。個人的には天満と播磨がプレゼント買いに行った話に合うかなと。
 それにしてもBlink182活動休止はもったいないなぁ・・・。シリアス路線に行ってそんな予感はありましたが、いつまでもおバカじゃいられないってことでしょうか・・・?

④Bizarre Love Triangle/New Order(『Best Of』等収録)

 やっぱりアニソンといったらNew Orderですよ!(間違った認識)このタイトル直訳すると「奇妙な三角関係」ですが、スクランは三角というか不可解な図形になってそうですw

⑤Semi-Charmed Life/Third Eye Blind(『Third Eye Blind』収録)

 簡単に言えばお前にぞっこんソングですかねw(違うかも)基本的にスクランは元気のある曲が似合ってると思います。昔この曲をハンソンの「キラメキ★MmーBap」とごっちゃにしてたのはナイショだ。

⑥ドギー&マギー/クラムボン(『まちわび まちさび』収録)

 いきなり邦楽ですが、これ女の子の心情がジャストな感じで表されているので、ピッタリかと。

⑦Swiss Army Romance/Dashboard Confessional(『Swiss Army Romance』収録)

 やはりアメリカのティーンのカリスマことクリス・キャラバは外せないですよね?(だから誰に以下略)この歌は特に若さの不安や特権みたいのを歌ってて好きです。

⑧Troubled Times/Fountains Of Wayne(『Utopia Parkway』収録)

 個人的に青春ドラマのラストを飾るのにもっともふさわしい曲だと思ってます。個人的にはFOWの『Utopia Parkway』をそのままスクランのサントラにしてもいいかな、と(元も子もない発言)。


 というわけの第1回ですが、いかがでしたでしょうか?8曲とはいえ、けっこう考えるの大変でした・・・(・∀・;)本当は主要キャラのテーマソングも考えようかと思いましたが、挫折しました。いつかやるかもしれませんが。

 実際にCDをお持ちの方はこの曲順で再生しながら読んでみてはいかがでしょうか?では第2回をお楽しみに・・・
# by come_pick_me_up | 2005-11-09 19:38 | 音楽

もう水曜か・・・

すみません、先週末は忙しくて更新できず・・・

最近買った「リトルジャンパー」2巻面白いです。いよいよキャラが動いてきたって感じで。こういう王道ベッタベタであざといSF大好きっす。

というわけで先週のサンデー感想をちょこっとだけ。

・絶対可憐チルドレン

 複合能力というさらに応用が効く設定を出したことで、かなり話を広げることができそうになってきました。個人的にはあんまりバトルものには行かないで欲しい気もしますが・・・。
 「ザ・ハウンド(ジオブリーダーズを想像してしまうのは私だけ?)」の能力に対抗するには、やはりチルドレンのチームワークってことになるのかな?

・結界師

 ヨッシーと時音のやりとりがいい。っていうか時音が泣いてるとこ見たかったなぁ・・・。しかし、もう再戦の準備ですか。意外と黒紡楼は最大の敵じゃないのかもしれないですな。

・ハヤテのごとく!

 ナギがかわいすぎて、それ以外の感想が思いつきません。

・こわしや我聞

 親父がかっこよく復活してまたやられてるよ・・・。なんかクライマックスの持って行きかたに四苦八苦してる感じが・・・。國生さんとの二人ハンマーは良かったけど・・・。

・School Rumble

 シャイニングウィザード→ヒゲ切り→カミソリ→ドロップキックですかwなんか沢近が少女マンガみたいだ・・・。
 それにしても「プークスクス」は笑った。なにげにスクランはドラパロ多いよね。


明日は仕事休みなんで、久々に新しいネタ投稿してみようかな。

本日の一曲:From The Floor Boards Up/Paul Weller
# by come_pick_me_up | 2005-11-09 01:05 | 漫画

あぁ・・・限・・・

今週のサンデー等感想です。感想以外のネタも投下したいけど、最近余裕がありません・・・^^;

・絶対可憐チルドレン

 今回の最大の見所は葵と紫穂のやりとりですね~、二人の鬼気迫る妄想っぷりはかなり笑えました。特に紫穂にしては珍しい余裕の無さっぷりがツボです。色々知りすぎてかえって焦った?基本的に誤解オチは椎名先生の王道パターンですが、来週から局長や朧さんがよそよそしくなってたりして・・・w

 そんな「ロリコンHG」の称号をほしいままにしてしまった皆本くんが哀れな今週ですが、そこに兵部の陰謀をきっちりからめてきた今回の「瞳の中の誘惑者」シリーズは文句なしの面白さでした!これは3巻でまとめ読みするのが楽しみです。
 
 そういえば、単行本売れてるみたいですね。増刷もかかったみたいで、久々のヒット作、さらにはサンデーの看板となれるのでしょうか?

・結界師

 マンガの中で「死」という表現は展開を進める上で非常に便利ですが、使い方次第では薄っぺらいものになりがちです。田辺先生は「死」のあっけなさ、空虚感、「命」の重さ、儚さをよくわかっているんだと思います。遺されたものの悲しみ、怒りが鳥肌がたつほど伝わってきました。感想を書くのもためらうくらい最近の結界師はすごいです。 「あなた限の友達?」「はい!」は泣けた・・・

・ハヤテのごとく!

 やっぱり雪路先生は好きですね~、カイジネタ大笑いしました。あとお嬢様の「くに」はかわいかった。

・こわしや我聞

 オヤジはヘタレじゃなかった!とりあえず、ここからどう逆転するのか?國生さんの反仙術が鍵になる気がします。

・スクールランブル

 個人的に沢近ってそこまで好きなキャラではないんですが、今週は正直かわいかった!あと播磨男前すぎだろw


本日の一曲:If You're Gone/Matchbox Twenty
# by come_pick_me_up | 2005-10-29 15:39 | 漫画

転居先は6畳一間

 すいません、2週間ぶりの更新です。

 絶対可憐チルドレン単行本無事ゲットしました~!なんかこれまでの椎名先生の作品と比べてぐっとシンプルでいい感じの表紙ですね。正直これまでの作品の表紙はイマイチだったんで^^;しかもページの合間のおまけカットとかもいい感じです。麦茶作る葵がかわええ・・・
 おまけの「本読んで」シリーズは今後も続けて欲しいっすね。ナンセンスさにワロタ。っていうか薫だったら皆本に官能小説とか読ませそう・・・

とりあえず先週と交えつつサンデー感想を。

・絶対可憐チルドレン

 なんていうか、やっぱりこういうの巧いですよね、椎名先生って。オトナ葵の確信犯パンチラの破壊力はもちろんですが、オトナ紫穂がこんなにかわいいとは思わなかったっすよ。子供の状態より悪女っぽさが消えてイタズラっ子っぽい感じになった感じがたまりません。

 そして、だんだん壊れていく皆本がどんどん魅力的なキャラになってきてます。こりゃあ兵部じゃなくとも、自分のものにしたく・・・はならないわな(笑)正直今週の引きのアオリは目を疑ったというか・・・サンデーのあちこちで「キター」が連発されていたような気がします。

・結界師

 正直マンガのキャラクターの死でここまで衝撃受けたのは初めてかもしれません・・・。なんていうか、淡々とした感じがかえって絶望感を煽るというか・・・。まだ確定じゃないかもしれませんが、ここまであっさりとこの展開に持ってくるとは思いませんでした。ここ数週はずっとそうでしたが、とりあえず今の結界師から目が離せません。

・ハヤテのごとく!

 個人的にはスパッツのほうが好きなんでOKです(いきなりそれかい)。しかし「マラソン自由形」ですか・・・。『落第忍者乱太郎』でよくあったノリのエピソードですが、個人的にこういう意味不明の競技会みたいな話は好きなんで期待です。

 なぜ『落・乱』を思い出したからというと、金の話に「なんだって~!」と飛び出してきた桂先生がきり丸に見えたからなんですね。小学生向けのマンガですが、ノリが面白いしキャラが立ってるし意外に毒っけが強くて、未だに好きなギャグマンガです。

・こわしや我聞

 いきなり会長のもとに到着、他の所長はどこに行ったのでしょうか?若様はやっぱりバカ様のほうがいいですよね。今回のマガツ発動のシーンはけっこうかっこよかったと思います。本当にそろそろ終わるんかね?

その他

・スクールランブル

 3周年の人気投票3人選ぶのは厳しいなぁ・・・。最近ミコチン株が再び急上昇中です。突っ込み役かつリアクション芸人かつ、性格がいい、かつDという彼女の魅力が出てます。読み始めはこの娘が一番好きでした。

本日の一曲:One Week/Barenaked Ladies
# by come_pick_me_up | 2005-10-22 13:14 | 漫画

慣れとは恐ろしいものだ

・・・と今週のサンデーを買ったときにふと思う
1年半くらい前だったら恥ずかしくてこんな表紙は買えませんがな!
ここ1年くらいでマンガ熱が再発して、手を伸ばす範囲もずいぶん広くなったなぁ・・・(遠い目)
まぁなんにしろ『百聞は一見にしかず』ってことで。
そんな今週のサンデーの感想です

・絶対可憐チルドレン

 「き、来たっ・・・!!」とこぶしを強く握り締めてしまったのは私だけではないはず。冒頭の「無理よ、薫ちゃん(ぽろっ)」の時点でツボにはまりすぎでした。校了ギリギリの逆境で逆にテンションが上がったのか、もうなんだかやりたい放題で、久々に椎名先生のお色気ギャグを楽しめました。

 「キティー・キャット改めワイルド・キャットもしくは今回のお色気担当」こと梅枝ナオミちゃんは今後どう言った役回りで登場するのか楽しみですね。普段は清楚で引っ込み思案なのにいきなりキレキャラが発動する、ケロロの西澤さん的ポジションなんかよさそうです。もしくは谷崎主任とのドツキ漫才コンビとしても面白そう。色々妄想が広がるキャラですな。

 ただ、一つだけ声を大にして言いたい!なぜ葵のパンツがあんなに派手なのか!?まぁそこまでやってもお色気担当になれない彼女ですが、そこがいい。(結論)
 
・ハヤテのごとく!

 畑先生一周年おめでとうございます!サンデーバックステージの熱弁ちょっと感動してしまいました。常に読者との距離を縮めようとする、作者の真摯で一生懸命な姿勢もこの作品が高い支持を得ている要素の一つだと思います。

 そんな今回はネタがわかるものとわからないものがあって(ガンダムネタは全然わからないんで^^;)、若干ツボに入りきらなかったのですが、大半の読者がこう思ったことでしょう、「今更ツンデレかよ!!」と。それでも、自爆して真っ赤になるナギはかわいかった。

・結界師

 あいかわらず強そうに見えないのがタマにキズの牙銀さんは置いといて、今回は「じじい」こと繁守の描写がよかったです。「時子!」と連呼しながら走り回り、彼女が抜け駆け(?)していたことを知ったときの複雑な表情(この二人の過去話とかもっと読みたい)。そして何か吹っ切れたような「結!」。松戸といいこのマンガ素敵なお爺様お婆様が多いですねぇ。そしてヒバさんヘタレだw

 そして、今後重要な複線になると思われた卵があっさり潰されました。もはや自分が自分であることに迷いを見せなくなった今の限にとっては、意味がないということでしょうか?今週は色々詰め込みすぎてヨッシーと時音のやりとりや、限の反撃の一撃などが若干薄味になってしまったのが残念です。

・こわしや我聞

 若様の知られざる過去・・・小間使いみたいな格好した千紘ちゃんがかわいすぎだろおい!シリアスモードでも技を発動するときに「ジーニアス!」を忘れない若様ワラタw今後若様はやはり工具楽側につくことになるのでしょうか?そうなると、「優&千紘」という最強の技術メガネっ娘ンビが誕生するわけですね!続けばですが・・・(泣)

 そういえば、藤木先生もブログ始められましたね。書き下ろしイラストが毎回ついていて、ラフですがどれもいい感じです。バズーカ國生さんイイw

・スクールランブル

 本当にとんでもないことになっちゃったよw基本的にはありえない展開がデフォのスクランですが、播磨と沢近が絡むとけっこう王道ラブコメ展開に行く気がします。播磨は来週この絶体絶命の危機をどう切り抜けるのか?!しかも来週は巻頭カラー!

追記:来週、そんな遠くない転勤になるのでネット環境が整うまで更新ができないかもしれません。ここをチェックしてくれてる数少ない皆様すみません。余裕があったら携帯から更新します。

本日の一曲:Century/Paul Westerburg

 
# by come_pick_me_up | 2005-10-08 19:33 | 漫画


音楽、漫画などの趣味に関する雑記
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
very mice
by Webcam Video Chat at 22:58
nice site. f..
by Jordan at 03:53
nice site. f..
by Jordan at 03:53
nice site. f..
by Jordan at 03:51
nice site. f..
by Jordan at 03:38
nice site. f..
by Jordan at 03:34
nice site. f..
by Jordan at 02:59
nice site. f..
by Jordan at 02:48
nice site. f..
by Jordan at 02:47
nice site. f..
by Jordan at 02:45
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧